« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の1件の記事

2014年10月22日 (水)

国民感覚はどれも「違法」 うちわ論議

第二次安倍内閣を象徴してきた女性閣僚のうち2人が相次いで辞任した。
小渕優子氏の政治資金疑惑は調査結果を待つが、松島みどり氏のうちわ状の政策ビラ配布については違法との判断が妥当であろう。
公職選挙法に規定されておりかつ各地の選挙管理委員会が違法の事例として紹介している中にうちわが明記されていることからも、司法の判断を仰ぐべき事案である。

しかし、である。
なんだかしっくりこないなぁと思う人も多くいると私は感じる。
要するに松島氏本人もしくはスタッフが少し勉強していて、うちわ状のビラの「骨」や「持ち手」をつけなければ「合法」だったという点である。
問題の本質がそれだけであれば「次からは公選法をよく勉強して政治活動しようね」という話でもある。

しかし、それだけの話であろうか。
今回ネットや巷で話題になっているのは「うちわ状」の円形厚紙&親指を入れる穴があいている政策ビラの存在そのものである。
その形状構造から見て「うちわ」として使ってもらう意図は明白である。
「うちわ」として使ってもらうつもりがないなら、なぜ厚紙で円形なのか、なぜ穴があいているのか、しかも通常のビラよりも費用をかけて作っているのか、全く説明ができない。
だれが見ても考えても、「うちわ」として使ってもらうことで、捨てられないようにしばらく手元に置いてもらうようにしたいという意図がはっきりしている。

そうであればこれも立派な「うちわ」である。
法律的な解釈で「ビラ」と考えることができるからOKです、というのは国民感情としては「アウト」と感じる人が多いのではないだろうか。
法的な言い逃れができる言動を一般的には「脱法行為」という。
国民の範を示すべき国会議員が「法の抜け穴」を堂々と国会の場で晒すのは、果たして望ましい姿なのであろうか。

これは松島みどり議員をはじめとする与党議員も、追及をしている野党議員も同様である。今回の糾弾の急先鋒になっている蓮舫議員と民主党に至っては、「うちわ状の円形ビラ」を制作して配布している事実があることは様々な報道等によっても明白になっている。
たとえ法律的な解釈でセーフになるような行為であっても、その法律の「立法の精神」を順守して望ましい法律運用の模範を示すのが立法府を守る国会議員の使命であると私は思う。

こんな法律解釈で時間を使うよりも、行なうべき法案審議が山積している。
日本の政治は緊迫状態が続いている。
消費税10%への増税を行なうのか行なわないのか。
集団的自衛権をどのように具体的に運用するのかしないのか。
社会的マイノリティに対する施策をどうするのか。
等々...。

本国会(第187回)の提出議案の多くはまだ審議の端緒にもついていない。
【本国会の議案一覧↓】
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/menu.htm
一刻の猶予も許されない課題がいくつも法案として提出されている。
この現実を認識していない議員が多すぎるのではないか。
別の面で見れば、一日国会を開催するだけでどれだけの血税が使われているかも考えてほしい。いま行なわれている質疑応答の中身が一億円の税金投入にふさわしいかどうかを。
いま何をすべきか、国会議員たる者ならば、よくよく考えて行動してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »