« 第105回桂冠塾『シンドラーのリスト』(トマス・キリーニー) | トップページ | 第106回桂冠塾 『復活』(トルストイ)※前半 »

2014年2月 3日 (月)

何のための選挙なのか

大阪市長の橋下氏が市長の辞職と出直し市長選への出馬を正式表明した。
いったい何のつもりでいるのだろうか。

大阪都構想の民意を問うという。
しかし民意というのであれば橋下氏が市長に選ばれた時点で民意は示されている。
民意を受けて選ばれているのは橋下氏だけではない。
意見が対立している市議会議員も民意によって選ばれている。

議会との話し合いや折衝を経ても自分の考えが実現できないからということでその度ごとに出直し選挙をしていては、何のための任期なのか何のための議会なのか、わからなくなる。
それが正当な市長辞任の理由だというなら、日本全国あちこちで一年中、出直し選挙だらけになってしまう。

6億円という選挙費用も看過できないコストだ。

自分の意見が通らないから選挙。
そんな考えでいる人に、自治体の長たる資格はないのではないだろうか。
それでなくても地方自治体における首長の権限は絶大だ。
実質的に地方自治体に三権分立は存在しない。
なによりも政治に関わる者という以前に、人として、意見の異なる人とも対話を続けることが求められている。
どこまでも議会の中で、市長として堂々と主張し、一人一人を納得させるために、どこまでも根気強く一対一で対話を続けていくべきだ。

私はそんなふうに感じている。

|

« 第105回桂冠塾『シンドラーのリスト』(トマス・キリーニー) | トップページ | 第106回桂冠塾 『復活』(トルストイ)※前半 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134217/59066960

この記事へのトラックバック一覧です: 何のための選挙なのか:

« 第105回桂冠塾『シンドラーのリスト』(トマス・キリーニー) | トップページ | 第106回桂冠塾 『復活』(トルストイ)※前半 »