« 法の下の社会秩序は あなたの持論 | トップページ | 第95回桂冠塾 ゲーテ作『ヴィルヘルムマイスターの修行時代』 ※前半 »

2013年1月17日 (木)

受験を中止? 桜宮高校問題への橋下市長の対応に苦言を呈す

橋下市長がまた判断を間違えている。
入試を目前にした大阪市立桜宮高校における体育科とスポーツ健康科学科のあわせて70名の入試中止を口にした。
バスケットボール部で行われてきた体罰と自殺者を出したことに対する改善策の一つとして記者会見で橋下市長が発表したのだ。

一人の人間が自ら生命を断つという状況に追い込んでいった教育の現場を根本的に改革するのだという意気込みは不可欠だ。しかし、だからといってそのツケをこれから自らの進路を切り開こうとしている、現中学3年生の受験希望者に負担させる必要がどこにあるのだろうか?

考え違いをしている。

責任を負担し改革すべきは、教育をする側にある。
教育を受ける側に責任があるわけではないのだ。
しかも、願書提出締め切りまで1ケ月を切ったこの時期の発表。
「教育の現場がわかっていないのは橋下さんあなたもですよ」とか言いようがない暴挙である。

新入学生を受け入れないことが事件への禊ぎになるのか?
空白の一年間を作ることに何の意味があるのか?
その高校での部活を夢見て頑張ってきた中学生の思いはどこに持っていけばよいのか?
「体育系志望者は普通科へ」なんて何と非現実的な発言なのか...
受験生の思いも、受験勉強の実態も、子供たちの将来の進路も、何も我がこととして感じていないではないかと思わざるを得ない。
橋下氏に本当に改革しようとの決意があるのであれば、どんなに苦しい状況下であっても、希望する受験生がいる限り、子供たちの立場に立って物事を熟慮すべきだ。すぐに改革に着手し4月の新入生受入れまでにできる限りの体制を回復させる。そのうえで希望する生徒を受け入れ続けて、苦しい状況の連続の中で改革を進めるべきだ。
いったんすべてを止めて改革をする、なんでいうのは聞こえはいいが、偽善であると断言したい。

希望していた受験生がこの高校を選ぶかどうか。
それは受験する本人が決めることである。

そもそも今回の問題はどこにあるのか。
桜宮高校の問題なのか、それとも体罰という教育現場で続けられてきた暴力問題なのか。
桜宮高校の固有の問題であれば橋下氏の対応もある程度の共感も得られるかもしれない。しかし多くの人が気づいているように、桜宮高校固有の問題ではない。
言いかえれば桜宮高校以外でも、判明していないだけで存在している問題ではないのか。そうであれば桜宮高校の受験を中止しても何ら問題に肉薄することはできないと思うのである。
桜宮高校の体育系教員全員を配置転換せよとの橋下氏の主張も、彼が主張するように桜宮高校の教師自身に問題があるというのであれば、配置転換によって問題を他校に拡散することになる。問題の本質に迫る対処というよりも、感情的な懲罰に近い印象に感じてしまうのはそうした理由にもよる。
長期にわたる勤務が問題であるならば、桜宮高校に限定せず、一定年数以上同じ学校に勤務する教員全員を対象にしなければ筋が通らない。

バスケットボール部の部活停止の方針もあると聞く。
それこそ大人の論理だ。
バスケ部で頑張ってきた生徒達に何の責任があるのか?
生徒達の不祥事ではないのですよと強く訴えたい。
部活停止などにすれば、逆に、どんなに生徒達に迷惑をかけると思っているのか。
キャプテンの自殺で大きな心の痛手を負っているというのに、それに加えてさらに部活ができなくなれば、生徒達は二重三重に被害を受けることになる。

とかく橋下氏の言動は容認されることが、ままある。
他の人が同じ発言してもバッシングされることであっても、橋下氏が言うと支持される傾向がある。
今回も問題でも「橋下氏が断固たる行動を取ろうとすることで多くの人がこの問題に注目している」「通り過ぎてしまう危険を阻止している」という声も多い。
この点については否定するものではない。
過去に何度かこのブログでも指摘しているように、一方の極論をぶち上げることで議論を活性化し、世論を集め、最終的にはその世論を踏まえて妥当なとことで落ち着かせるというのは、橋下氏の手法でもある。

http://prosecute.way-nifty.com/blog/2012/11/post-02b8.html 
橋下氏独特の世論形成のためのパフォーマンス手法だとは、思う。難しい議論となる一方の極論をぶち上げておいて、比較的多数派となる「落とし所」で世論を獲得する。最初から民意と思われる主張をしても「平凡だ」と思われるだけだが、極論をぶち上げたのちに、自ら多くの意見をくみ取ったというステップを踏んだように見せれば、多くの有権者の支持を得ることができる。
弁護士である橋下氏が、法曹の世界を渡り歩く中で、自然と身につけてきた必勝戦術法なのかなとも思う。

ただ今回の問題はそれだけではなく、さらに重要な要素を含んでいるように思われる。

一見すると潔く、英断のように見えることが、その本質に「逃げ」の生命が巣くっていることがある。今回の橋下氏の言動が、まさにそうだ。
橋下氏は自分自身が問題解決に取り組もうという決意が足りないと指摘したい。そんなことはないという声が聞こえてきそうだから、さらに言わせていただくと、その決意とは裏返せば、問題の端緒は自分自身から発しているという責任感ということになると思うからだ。
その認識がないと、どんな強い決意であっても、どこまでいっても他人事に終わってしまうと思うからだ。

代表的な東洋思想のひとつに「本因妙」という考えがある。
様々な森羅万象、自然界的また社会的な現象はそれぞればらばらに起きているように見えるが、その根本は各人自らの生命の動きから発しており、困難な環境であっても自らの決意と行動で変えていくことができるという生命論的思想だ。
混沌とした現代の難しい諸課題を解決する精神的主柱とすべき考えであると、私は常々思っているが、教育を取り巻く環境の改革は、まさにこの姿勢が不可欠ではないだろうか。

教育委員会を指弾するも、いい。
桜宮高校の現場の教師の責任を追及して、配置転換させるのも、市長の権限でできるのであれば、それはそれでいいだろう。
しかし、だ。
そんな現状を抱えている大阪市の最高責任者になったのは、橋下氏、あなた自身だ。
それもみずから、望んで就いた仕事である。
回りの人間や、役職上の責任を云々することの、もっと根本的なこととして、その立場に就いたということの意味をもう少し深く自覚することから出発すべきではないのか。

人間にはその人に与えられた使命というものがある。
大阪市長になった以上は、大阪市民の生命を守り、幸福を実現するために尽力する使命と責任、そして義務がある。
その根本は、その責任にある者が、すべては自らの行動から端を発すると自覚することから出発するのではないだろうか。
自らの自覚と祈りが届かず、この子供を守り切ることができなかった。
その思いが橋下市長にあれば、必ず解決の道は開かれる。
橋下氏にはその自覚と決意を、市民に表明する責任もあるはずだ。
関係者を指弾する激しい発言よりも、亡くなった一人の人間への真摯な追悼の言葉、自らの立場から発せられる心の言葉があってほしい。
今の橋下氏には、それが足りないのではないか。

事実、橋下氏からは教育委員会や桜宮高校の教員への責任追及の発言は連発されているが、在校生やこれから高校入学を目指す生徒たちへの言葉や配慮は、何一つないではないか。
今後の教育方針の立て直しだとか改善策だとか委員や教員に求めるのであれば、橋下氏自身が、まず自分の考えを表明すべきではないのか。
今の状態は責任の擦りつけのように見えてしまう。
他者に責任を求める前に、まず橋下氏自身が自分の考えを述べ行動せよ。
それが大阪市長の責務である。
あなたが日頃行っているように「あなた自身が最高責任者なのですよ」と言いたい。
果たして事件から何日が経過すれば橋下氏は建設的な意見を述べるのであろうか。
市民はよくよく注視する必要がある。

そして議論は全力でスピード感をもって建設的な方向に進めるべきだ。
具体的な再建方策も、事件直後から着手しているのであれば第1次案などが出てきてよい時期ではないのか。おそらく橋下氏のような言動が続いていることから見れば、そのような取り組みは相当遅れていると思われる。
その気になれば4月の入学どころか3月の卒業式までに対策を発表することも不可能ではないはずだ。それがもっと時間をかけないとできないというのであれば、橋下氏は今まで教育問題を真摯に考えていなかったと自白しているようなものである。

自分自身の責務として、今起きている出来事に真正面から取り組むこと。
その思いがあれば、どんな困難な道程であっても、必ず踏破できる。
全ての人にあっても等しい哲学理念であると思う。
私は、一人でも多く人がそう信じて進んでいってほしいと念願するものである。

|

« 法の下の社会秩序は あなたの持論 | トップページ | 第95回桂冠塾 ゲーテ作『ヴィルヘルムマイスターの修行時代』 ※前半 »

教育」カテゴリの記事

コメント

「責任を負担し改革すべきは、教育をする側にある」からこそ、改革できていないような学校にこどもを入学させるわけにはいかないんんじゃないでしょうか。

親の立場として、「彼が死ななければ、そのままの体質で部活が続き、死ぬのは我が子だったかもしれない」。むしろ入学前にわかってよかった、さっさと他の学校を探そう、それぐらいの思いがあります。

この時期に、動揺と混乱を強いられる受験生は本当にかわいそうです。
しかし、在校生は暴力を受け入れ、それが強くなる道と耐えて、結果的にキャプテンへの暴力を「致し方ない」と容認してきた可能性があると思います。
であったとしても、その子らには罪はありません。が、そのままではいけない。彼らも呪縛から解き放たれなければなりません。
その上で、後輩を受け入れるべきではないでしょうか。

敢えて対極の意見を書かせていただきました。
私自身、揺れています。

投稿: はじめまして | 2013年1月17日 (木) 09時25分

はじめましてさん投稿ありがとうございます。
コメントいただいている気持ち、そのとおりだと思います。事件が起きて表面化しなければ何事もなかったかのように暴力が続いていると思います。他の学校でもあるかもしれないとも思います。
事態が判明した学校への進学を変更するというのは極めて自然な選択肢だと思います(一方で、それでもその学校に進みたいと思う生徒達もいると思います。その思いを断たせることは避けるべきだと思います)。それが自らの行動で環境を変えていくということのひとつにもなると思います。私も子を持つ親の一人として、自分の意志と責任で進路を決めていきたいと思います。
それぞれが自らが今いる場所で思索し行動することが事態を好転させると思います。

投稿: 市民はたさん | 2013年1月17日 (木) 10時35分

おっしゃっていることは世間一般で受け入れやすい安易な妥協論と思いますし、
これまでの大阪市長だったら、バスケ顧問を懲戒免職なりするだけでしょう。今年受験する子どもには罪はない、ということで…

でもあえて私は橋下市長のとった言動に賛同します。

体育科の100名近くの門戸を閉ざすことはまた新たな問題を招くことになりますが、橋下さんのとった言動は、ひとことでいうなら、大阪市長の覚悟、もっと言えば人間としての覚悟が第三者である私にはひしひしと伝わってきます。
生徒が自殺したことを前提にすれば、誰だって反論できません。そこをあえて橋下さんは市長として出来る最大限の権限を行使して、体育科入試を中止!という発信をして事の重大性を日本全国に、体罰の恒例化の問題を発信した。

覚悟して反論せず、ただ事勿れの論理が日本社会では黙認されます。それが大勢多数であっても、教育論者は違っていて欲しい。これまでがそうでなかったから日本全体が事勿れ主義で染まってしまっている。重症患者です。

私は、この学校のような体育系教育現場は同じことを繰り返さなきようには、今回の市長判断がこれから、どんな問題であれ必要だと思います。

投稿: キング | 2013年1月19日 (土) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134217/56559208

この記事へのトラックバック一覧です: 受験を中止? 桜宮高校問題への橋下市長の対応に苦言を呈す:

« 法の下の社会秩序は あなたの持論 | トップページ | 第95回桂冠塾 ゲーテ作『ヴィルヘルムマイスターの修行時代』 ※前半 »