« 体験農園 第5回目 | トップページ | 迷走する国会 進まぬ震災復興 -再生可能エネルギー法案への固執に疑問- »

2011年5月28日 (土)

やっと交代か 菅内閣

自民・公明の両党は来週末6月3日までに内閣不信任案を提出することをほぼ確定したとの報道が行われている。
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210527028.html
http://www.komei.or.jp/news/detail/20110528_5329
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110527/stt11052710410003-n1.htm

「やっと交代か」

これが国民の正直な感想だと思う。
不信任案可決のためには民主党議員から70名余の賛成者が必要になる計算だが、可決否決に関わらずこれだけ「交代せよ」との声があることを真摯に受け止めて、不信任案が提出された時点で辞任してはどうかと思う。
小沢一郎民主党元代表も米紙ウォールストリート・ジャーナルのインタビューに「一日でも早く代わった方がいい」と菅総理退陣を明言した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110527/stt11052719520009-n1.htm

流れは菅内閣退陣で決まった。
問題はポスト菅内閣だ。
だれがトップリーダーを務めるのか。いや務まるのか。
それぞれの国会議員はどのように行動すべきか。
東日本大震災の復旧復興は当然として、日本経済や高齢化社会を取り巻く環境は日に日に厳しさを増してきている。
文字通り「待ったなし」の政治が求められている。

|

« 体験農園 第5回目 | トップページ | 迷走する国会 進まぬ震災復興 -再生可能エネルギー法案への固執に疑問- »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134217/51790967

この記事へのトラックバック一覧です: やっと交代か 菅内閣:

« 体験農園 第5回目 | トップページ | 迷走する国会 進まぬ震災復興 -再生可能エネルギー法案への固執に疑問- »