« その意味がわかっているのか 政権交代の原点を否定する発言 | トップページ | 地域の声を尊重せよ 統一選特例による延期27選挙にとどまる »

2011年3月16日 (水)

福島原発 日本最大の危機 なにが何でも乗り切る。

今後の世界の未来がかかっていると言っても過言ではない。

東北関東大震災の被害は私達の想像をはるかに超えた。
地震と津波によって大きな被害を被った東北の中でも原子力発電所があった福島県で、次々と連続して起こり続ける福島第一原子力発電所での事故。
管轄する東京電力の対応に不満が集中しているのもわからないでもないが、いま最も求められているのは、この危機的状況を最小限の被害で脱出することだ。

だれもが冷静に、いま自分がなすべきことをやろう。

菅直人氏をはじめとする政府与党も東京電力の現場の足を引っ張ることはやめよう。
現場を知らない政治家の記者会見など、誰も必要としていない。
東京電力のメンバーを叱りつけるなど言語道断だ。
いま一番必死になっているのは、他ならぬ現場の人間たちではないか。
あなた方が求められているのは、国家を挙げて支援体制を整備することである。そのために必要な財源確保、特措法の成立、国際協力、民間支援との連携、避難所の確保、被害がなかった県での被災者受入れ等の広域救援の実施、支援物資や燃料類の確保と配給など、やるべきことはいくらでもある。
迅速に、叡智を発揮して陣頭指揮にあたることを強く求めたい。

首都圏を中心に計画停電が実施されている。
できる限り生活に影響を出さないようにという考え方からだろうが計画していた停電が回避されていることも多い。しかし、停電を予測して氷を買いこんでいたら停電はなく翌日になって事前予告なく停電になった、外出先で電車が運休になって帰れなくなった...様々と不測の事態が起こっている。
東京電力の方々には計画停電の実施のガイドライン、実施に踏み切る際のコンセプトをよくよく説明と周知徹底を願いたい。技術的にも「できない」「難しい」等と安直に言わずに、智恵を絞ってできる限りの社会を支える努力を発揮していただきたい。
しかしそれも人間のやることであり、未経験の非常事態下でのことだ。私達一人一人も、不手際や至らないことが多いことをお互いに理解をしよう。

首都圏を直撃する地震発生の不安も拭いがたい。
しかし非常時物資の買入れは最小限度にとどめよう。
新たな食料購入は2~3日分程度に抑えよう。
燃料類も日常生活に必要な分ずつ購入しよう。
店頭に商品が減っている最大の要因は被災地への物資提供であることを正しく理解しよう。
そして経済活動もできる限り抑え込み、消費電力削減に協力したい。
危急の仕事がない方々の出社はやめ、有給、自宅待機、自宅勤務に切り替えよう。
いま大切なことは、自分たちの利益を確保することではなく、社会として危機的状況を脱出することだ。
原子力政策や原発安全神話への批判も噴き出す気持ちもあるだろうが、いまは一切封印しよう。それはこの危機的事態を克服した時点で、思いっきり議論すればいい。

原発を管轄する直接の担当者の方々には、最大限の叡智を発揮し、迅速かつ的確な方策を打っていただきたい。想定しうる全ての可能性を網羅し、事故を事前に回避する方策を打ち続けていただきたい。人的な要素での事故はこれ以上ひとつたりとも起こさないとの決意で臨んでいただきたい。
こればかりは担当者以外の人には何もできない。

そして、私達が最も忘れてならないことがある。
それは、自身の生命を投げ出してでも、原発事故の拡大を阻止しようとしている同胞がいるという事実だ。

確実に死に直面しながら、一歩も引くことなく、淡々と、しかし強い決意で現実を直視している同胞がいる。途方もない絶望感に襲われる場面も一回や二回ではないと推察する。それでも投げ出すことなく、自身の生命を賭けて戦っている。彼らにはこの危機を乗り越えた後も、世間の激しい批判や被爆の後遺症に苦しむ後半生が待っているかもしれない。

その事実を直視すれば私達がやるべきことははっきりしている。
私達は、滅私の尊い行動に深く感謝し、絶対成功を真摯に祈り続けたい。
この危機を乗り切れるかどうか。
今後の世界、人類の未来を決する最大の正念場を、私達一人ひとりにとって間違いなく人生最大の危機的場面を、私たち一人一人の深く強い祈りと行動で、必ず乗り切るのだ。

|

« その意味がわかっているのか 政権交代の原点を否定する発言 | トップページ | 地域の声を尊重せよ 統一選特例による延期27選挙にとどまる »

安全安心」カテゴリの記事

コメント

文章を読んで間違いないと納得した所存です。

マスコミに踊らされて根本にある人命が蔑ろになり、地震の起こった原因や原発への今後の処置を考えた所で、脱却は愚か事態は悪化するばかりです。被災した地域よりある意味パニックが起こっているここ東京、今、自分に何が出来るか、よりもどんな行動が必要とされてるかだと思います。

事態の予想はまだまだ見通しが全くつかず、頑張って乗り切りたいものですね。

投稿: junnosuke | 2011年3月16日 (水) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134217/51133780

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発 日本最大の危機 なにが何でも乗り切る。:

« その意味がわかっているのか 政権交代の原点を否定する発言 | トップページ | 地域の声を尊重せよ 統一選特例による延期27選挙にとどまる »