« 第54回桂冠塾 『人類の議会』(ポール・ケネディ) | トップページ | 第55回桂冠塾(読書会) 『誘拐』 »

2009年10月19日 (月)

そもそも、スタートが間違ってはいませんか?

ここしばらく政治の話題を書かないで静観してきた。
意見を述べるには、現在の政治状況があまりにも稚拙すぎると感じているからであるが、昨今の状況に一言だけ。

民主党政権が始まって「マニフェストの在り方」がよく俎上に上っている。
いわく
・マニフェストに書いているので断固実行させていただく。
・赤字国債発行を増やさないという国民の意思があれば、マニフェストに盛り込んでいても実施しない選択肢がある。
・アメリカとの関係の中で変化する微妙なこともある。
・マニフェスト至上主義はよくない。
・初めて政権を担当するんだから多少のことは大目にみてやろうよ...等云々。

特にテレビの報道番組とかのコメンテーターの及び腰というか、何かと民主党を擁護する発言には驚かされている。
何か変じゃないのか?と私は感じる。

そもそも、議論されている「マニフェスト」がろくでもない代物ではないのか?
自公政権との違いを強調するために実行性を考えずに票取りのために刺激的な公約を盛り込んだ。
財源の裏づけもない。
政策間の整合性もなく、矛盾だらけ。
関係者との協議もないまま、一部のスタッフだけが考えた。
確固たる哲学、政治思想も何もない。

そんな思い付きの域を出ない名ばかりのマニフェストだったとしたら、現在のような状況になったとしても合点がいくというものである。
そんな耳障りのよい項目をマニフェストに並べて選挙で政権交代を訴えた民主党。
それを「良し」として選択を行なったのは、他ならぬ日本の有権者である。
財源確保は無理ではないのか?との批判が何度も行なわれたにも関わらず、である。
民主党マニフェスト実行が稚拙に失敗して負債をおおきくするような事態になれば、民主党を擁護していたマスメディアの連中は、どうするのだろうか。少なくとも自公政権打倒で激しく世論をあおる発言を続けてきた、古館、鳥越両氏あたりは正視眼で自己批判をしてもらいたいものだ。
いま、そのツケが浅慮な国民にまわされてこようとしている。
そんなことになっていなければいいのだが。

|

« 第54回桂冠塾 『人類の議会』(ポール・ケネディ) | トップページ | 第55回桂冠塾(読書会) 『誘拐』 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134217/46531133

この記事へのトラックバック一覧です: そもそも、スタートが間違ってはいませんか?:

« 第54回桂冠塾 『人類の議会』(ポール・ケネディ) | トップページ | 第55回桂冠塾(読書会) 『誘拐』 »