« 政権交代時のルール作りを急げ | トップページ | 第2回山村きぎょう会議 に参加してみる »

2009年9月 7日 (月)

東大泉中村町会の防災訓練に参加 2009年バージョン

9月5日(土)に行われた防災訓練に参加しました。
毎年9月1日の「防災の日」にあわせて第一土曜に行なわれる地域の恒例行事。
昨年は同じ日に奥多摩へキャンプに行く予定を入れてしまっていたので途中で帰ったが、今年は午前中の予定を空けておいたので大丈夫。
数ヶ月前の防災倉庫増設のときの訓練に続いて、親子三人での参加となった。

9時30分に集合場所に近隣の数班の方々が集まる。
ここで自宅に帰る方もいるので点呼が行われる。
そののち11名が避難拠点になっている区立大泉東小学校に移動。
昨年は体育館だったが、今年は校庭に集合して行なった。この日は快晴。いやぁ~暑かった(^_^;)
10時から自治会の責任者や消防署、練馬区区役所の方々の話のあと、各人で見学や訓練体験を。消防車のホースや消火器での消火訓練、AEDを使った訓練などに列ができていた。
私たちは起震装置のついたトラックでの地震体験を見学した。
相当に激しい揺れに、少しびっくり。
10時45分頃から「アルファ米」の炊き出しを受ける。炊き出しといってもビニールを張ったダンボール箱のなかにアルファ米とお湯を入れて数分でできる。数ヶ月前の防災倉庫での訓練のときには「わかめご飯」だったが今回は「五目炊き込みご飯」。
なかなか美味しい(*^_^*)

暑かったこともあって、アルファ米を受け取ると11名揃って会場をあとにした。

今回の訓練で改めて感じたこと。
放水や消火器の使い方、避難場所を確認することも大切な訓練だが、集合場所や避難場所に近隣の方々と顔を合わせて一緒に行動することが、更に重要だと感じました。
非常時を想定して、現地であれこれと意見を交わすこと。
集合した人達の点呼をとって生存確認をする。
こうした基本を訓練で着実に行なうことが、非常時の備えになると強く実感した避難訓練でした。

|

« 政権交代時のルール作りを急げ | トップページ | 第2回山村きぎょう会議 に参加してみる »

地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134217/46173423

この記事へのトラックバック一覧です: 東大泉中村町会の防災訓練に参加 2009年バージョン:

« 政権交代時のルール作りを急げ | トップページ | 第2回山村きぎょう会議 に参加してみる »