« 第42回桂冠塾 『兎の眼』(灰谷健次郎) | トップページ | 対話を重視せよ 小沢民主党が答える番だ »

2008年9月30日 (火)

麻生首相が所信表明演説 小沢よ真正面から受けて立て。

9月29日午後に行なわれた衆参両院本会議において、麻生太郎首相は就任後初の所信表明演説を行なった。
民主党と民主党的世論を支持するマスメディアからは激しい反発、批判が巻き起こっている。その主な趣旨は
・この国のビジョンを示してほしかったが、かけらもない。
・本来の所信表明演説を逸脱して民主への「逆質問」を続けた。
・少数野党が無視された。
というものが代表的だろう。

ただ所信表明演説の全文を確認すると必ずしも的を得た批判ばかりではないことがわかる。マスメディアは視聴者にとって刺激的な表現を繰り返し報道する傾向があり、発言の真意を正しく伝えているとは言い難い面もあるので、こうした重要な内容は自分自身で確認することが大切だ。
→全文はこちら 第170回国会における麻生内閣総理大臣所信表明演説(首相官邸Webサイト)
ビジョンについては3年間3段階という短期目標を明示した点では、従来の首相演説よりも現実的で責任を明確にしたと言えるだろう。
演説の中で麻生首相は、日本のあるべき姿を「強く、明るくあらねばならない」とし、「自民党と公明党の連立政権の基盤に立ち、責任と実行力ある政治を行うことを国民の皆さまに誓う」と訴えた。

さらに「緊急な上にも緊急の課題は日本経済の立て直し」として
(1)当面は景気対策
(2)中期的に財政再建
(3)中長期的には改革による経済成長
を取り組むガイドラインを提示しつつ「日本経済は全治3年」と明言。
2011年までに単年度のプライマリーバランスを黒字化するという当初からの政府与党の目標を継続する流れになっている。
直面する景気対策として家計に対する緊急支援のために「今年(2008年)度内に定額減税を実施」を明言。後期高齢者医療制度は「制度をなくせば解決するものではない」として、高齢者に納得していただけるよう1年を目途に必要な見直しを検討すると述べている。
さらに、地域の再生、地球温暖化への対策として「成長と両立する低炭素社会を世界に先駆けて実現する」「我が国が強みを持つ環境・エネルギー技術を育てていく」「世界で先頭をゆく環境・省エネ国家として国際的なルールづくりを主導する」ことを宣言すると共に、今後の外交姿勢として日米同盟の強化、アジア諸国との協同、テロとの対決などの地球規模の問題群への取組み、北朝鮮の対応を明示した。
簡潔であるが、直面する重要課題を提示したといえるのではないだろうか。

逆質問については個々の課題に触れた文脈の終りに、民主党としての具体的な回答を求めている。「麻生内閣はこういう方針で取り組むが、民主党はどういう姿勢で臨むのか」という問いかけである。
確かに従来の慣習からみればイレギュラーであるが、そのことを取り上げて非難するのは殆ど意味がないと思う。逆に通り一辺倒の内容の薄い演説に比べれば向上を目指して国会議員同士が議会の場で切磋琢磨する議論は大いに歓迎したい。
私をはじめ国民も大いに知りたいことではないだろうか。
少なくとも私は、民主党の答弁を、是非聞きたい。

また、慣例を逸脱するのがおかしいというのであれば、民主党の小沢代表は10月1日に行う代表質問を「民主党政権の実現に向け、政権構想を語る『所信表明演説』の場と位置づけており、首相に肩透かしをくわせる構え」(産経新聞)であるとしているのだから、これも逸脱であり、民主党は完全な言行不一致である。
今回の逆質問で麻生首相は民主党に基本的姿勢を問うている。

民主党への質問・提言
一、国会で合意形成のルールづくりに応じる用意はあるか。
一、補正予算に反対なら論拠とともに代表質問で提示せよ。地方道路財源を補てんする関連法案への賛否は?
一、消費者庁創設に賛成か否か。
一、国際社会の一員たる日本が、インド洋での補給支援活動から手を引いてもいいと考えるか。

麻生首相にとっては今国会運営上でどうしても真意を確認しなければならない重要事項であると同時に、今国会が開かれるにあたって国民が最も知りたい争点である。
別に予算委員会で表明してもよいだろうが、そこまで国民の知りたい権利の充足を待たせる必然性もないだろう。
すぐに民主党としての姿勢を明らかにし、更にその先の議論を国民から全てが見える白日の下で、正々堂々と展開してもらいたい。民主党に政権担当能力が充分にあるのだと主張するのであれば、またとない絶好の機会ではないか。

上記4点の質問に対して、小沢代表が、少しもかわすことなく、真正面から、勇んで、滔々と自らの主張を展開されることを強く望む。

少数政党が無視されたと一部の野党が息巻いているが、少数なのだから致し方ない面がある。では少数政党を考慮した演説を行なえばそれでいいのか。無所属議員一人一人のことは考慮しなくていいのかという論理になる。
政党の立場とか、対立構図とか、争点の明確化とか、そんなものは大した意味はない。
その先にある本質的な目的が重要なのである。
いいかれば「何のための政党なのか」「何のための争点なのか」、「誰のための政治なのか」と考えれば多少は物事の本質に近づけるのかもしれない。

一人一人の庶民の生活を最優先に考えて、国会運営をする。
それがいま、最も求められている。

【関連リンク】
第170回国会における麻生内閣総理大臣所信表明演説(首相官邸Webサイト)
麻生首相が所信表明演説 対決姿勢前面に(Yahoo!動画ニュース)
首相所信表明、対決姿勢に野党一斉反発(読売新聞)
【麻生首相所信表明】“逆質問”連発に民主反発「パフォーマンスだ」(産経新聞)

|

« 第42回桂冠塾 『兎の眼』(灰谷健次郎) | トップページ | 対話を重視せよ 小沢民主党が答える番だ »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134217/42641108

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生首相が所信表明演説 小沢よ真正面から受けて立て。:

» 麻生総理 所信表明 演説 [王様の耳はロバの耳]
民主は「政局第一」、対案を=経済再建へ3段階−強く明るい日本目指す・首相所信(時事通信) - goo ニュース 27日には「所信表明演説の原稿が流出?」と言う話がありました。爺には真贋が判りません。今日は午前中からウエブ上の新聞各紙に「演説骨子」という形で午後の演説内容が載っていました。 {/hiyob_hat/} 夕刊紙によれば麻生総理は所信表明演説と言うより: 「民主党への5つの問いかけに特徴があった」様です。 その1:国会での合意形成のルール作り その2:補正予算案への賛否、対案提示の場合は... [続きを読む]

受信: 2008年9月30日 (火) 12時27分

» 麻生首相 所信表明演説は異例の質問型 [ハズレ社会人]
オツカレです。 やはりねじれ国会下での苦肉の所信表明演説だった。 [東京 29日 ロイター]経済対策、必要に応じさらなる対応も弾力的に=所信表明演説で麻生首相 麻生太郎首相は29日午後、衆院本会議で就任後初の所信表明演説を行い、日本経済の立て直しが「緊急な... [続きを読む]

受信: 2008年9月30日 (火) 15時42分

« 第42回桂冠塾 『兎の眼』(灰谷健次郎) | トップページ | 対話を重視せよ 小沢民主党が答える番だ »