« 350万円のつもりが350円で落札 行政よ他の対応はないのか | トップページ | 第39回桂冠塾『三国志』(吉川英治) »

2008年6月23日 (月)

大三国志展を鑑賞

20080621_1 6月21日(土)、東京富士美術館で開催中の『大三国志展』を鑑賞に八王子に行ってきました。

当日は朝から少し雨模様。「暑くならなそうでよかったよね」と友人と家族を誘っての小旅行です。
行きは家族三人で私が運転して「いざ出発!」
現地で友人の高梨さん、佐藤秀男さんと合流して、帰りは高梨さんの車で帰宅する予定。なかなかよいプランニングです(^_^)v
自宅を出るのが少し遅くなって週末の渋滞にも重なり1時間40分ほどかかって到着したのが13時前。タイミングよく待ち時間なしで第二駐車場に入れられる。「先に軽く食事でも」と3歳10ケ月の智栄ちゃんを連れて創価大学内を散策。学生食堂でランチを食べようと楽しみに向かったのですが私の前の人までで販売が終了気を取り直して大学生協でパンを買ってベンチに座ってゆっくりと食事。雨はあがっていて梢の下で快適な昼食です。

20080621_5これからが今日の目的『大三国志展』の鑑賞です。
途中で佐藤秀男さんと合流。私は3時間余りのゆったりとした鑑賞ができました。うちの奥さんと智栄ちゃんは15時半頃に鑑賞が終了して先に帰宅の途に。結局、高梨さんは来れませんでしたので後半は佐藤秀男さんと一緒に鑑賞しました。

まず感じたこと。出展品が素晴らしい。
国内をはじめ中国各地の美術館等から集められた逸品がずらりと並んでいる。此れだけ多くの美術館等から集められるのも稀なことではないかと思う。今回地震のあった四川省の文物考古研究院などからも出展されており、地震の被害を避けることができたという逸話もうかがった。
年代を追いながら三国志の世界が展開されている様子には、知的欲求の充足と共に新たな興味をかき立てられる。
五丈原の戦いを再現したジオラマはとてもわかりやすい。視覚聴覚に訴えるものがあり企画の多彩さを充分に堪能できる。

こうした明確なテーマを設20080621_4定した展覧会にすることによって、個々の美術品や歴史的価値がある品々が、私達の前に活き活きと生命を吹き込まれてくるような感覚を覚えた。
丁寧に、時代順に展示するだけでも美術館の役割を果たしてはいるだろうが、今回の東京富士美術館による『大三国志展』のような試みは大いに評価されていくだろうと思う。
またこうした試みが『三国志』を単なる古典や文学作品としてみるだけではなく、現在の私達の生活の中で新たな意味ある存在として再認識されるきっかけにもなるのではないだろうか。
事実、私は今回の『大三国志展』をきっかけに吉川英治作『三国志』を読むことにした。ひとつの試みが入口になり、様々な角度で文学や歴史、生活に触れていく。
こうした小さな行為の積み重ねが次代を創っていくのだと感じている。

鑑賞後は散策して建設の始まった創価大学新体育館を見たあと、蛍桜保存会主催の「ホタルの夕べ」に参加。帰りの時間もありホタルをみる時間まではいられなかったですが、在学時代に参加できなかったイベントにも触れることができて感慨深いものがありました。偶然にも、受付をしていた女子学生が同期生の娘さんでした。三国志展の鑑賞中には同窓生3人に会うなど、不思議な縁を感じたひとときでもありました。

【関連リンク】
大三国志展(東京富士美術館)http://www.fujibi.or.jp/exhibition/sangokushi.html
大三国志展ブログhttp://www.fujibi.or.jp/3594blog/
第39回桂冠塾『三国志』http://www.prosecute.jp/keikan/039.htm

|

« 350万円のつもりが350円で落札 行政よ他の対応はないのか | トップページ | 第39回桂冠塾『三国志』(吉川英治) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大三国志展を鑑賞:

« 350万円のつもりが350円で落札 行政よ他の対応はないのか | トップページ | 第39回桂冠塾『三国志』(吉川英治) »