« 貫くべき信義と捨て去るべき利権を見極めよ | トップページ | メディア報道のニュースタイトル »

2008年6月 9日 (月)

第22回黎明塾「価格設定戦略と価格プログラム」

Image03 6月7日(土)に今月の黎明塾を開催しました。
経常利益が1~数%を推移する中小零細企業が多い現在、商品の価格設定の1円の差は経営を大きく左右する時代である。
しかし、この1円2円の差を自覚している経営者は実に少数である。
たとえば522円に出荷している自社製品を、521円にした場合どのような影響があるのか、逆に523円にするとどうなるのか。また意図的にそうした価格変更を行うことを的確に判断する経営スキルがあるのか、少々不安を感じるわけである。

今回は、そうした価格設定に関わる諸課題を整理し、いかに自社の状況に適合させ、状況に応じて価格変更を行っていく際の的確な判断基準を提示することに努めた。
実務的な内容であり、いま一度、各々の企業にあっても現状の価格戦略の成否を検証していただきたい。

【実施内容等について】第22回黎明塾の実施内容

|

« 貫くべき信義と捨て去るべき利権を見極めよ | トップページ | メディア報道のニュースタイトル »

経営塾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第22回黎明塾「価格設定戦略と価格プログラム」:

« 貫くべき信義と捨て去るべき利権を見極めよ | トップページ | メディア報道のニュースタイトル »