« 第37回桂冠塾『こころ』(夏目漱石) | トップページ | 第21回黎明塾「サービスの設計とマネジメント」 »

2008年5月 3日 (土)

絶対に許せない 船場吉兆で食べ残しを他の客に

船場吉兆で一度出した料理を他のお客に再度出していた事実が判明した。
言語道断だ。
お客様が食べ残した料理を、別のお客様に使い回すなどということは、飲食に関わる者として、絶対に行なってはいけない卑劣な行為である。しかもそれが日本を代表するかのような高級老舗料亭で行なわれたとすれば、驚きを通り越して、激しい怒りを覚える。
これが今の日本の老舗飲食店の、そして日本の企業の現実なのか。
「そうではない」と力強く断言できる経営者を一人でも多く輩出するしかないと痛感している。

【関連リンク】
食べ残し別の客に 刺し身やアユの塩焼き 船場吉兆(産経新聞).
船場吉兆Webサイト

|

« 第37回桂冠塾『こころ』(夏目漱石) | トップページ | 第21回黎明塾「サービスの設計とマネジメント」 »

企業」カテゴリの記事

企業使命」カテゴリの記事

社会倫理」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134217/41072005

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対に許せない 船場吉兆で食べ残しを他の客に:

« 第37回桂冠塾『こころ』(夏目漱石) | トップページ | 第21回黎明塾「サービスの設計とマネジメント」 »