« 長寿医療制度 巣鴨で街頭演説 | トップページ | 迷惑メール 法改正に期待 »

2008年4月17日 (木)

「首相はどうかしている」そう言っているあなたこそどうかしている。

小沢一郎は本気でこんなことを言っているんだろうか。
それにしても、またマスメディアや報道風バラエティ番組でも同様の論調の嵐が吹き荒れるんだろうか。
日本人の政治レベルはこんなものかとつくづく嫌気が差してきそうだ。

報道によれば小沢氏の主張は「首相は一般財源化(する)と言っているのに、特定財源化する法律をやれと言うのは信じられない」ということらしい。本当にそう思うのなら、なぜすぐに一般財源化の議論の席に民主党はつかないのだろうか。首相や政府与党の行動が信じられないというなら、小沢民主党の言動は多数政党になったとたんに政治をおもちゃにして遊んでいるガキ大将気取りの戯言にしか聞こえない。

「10年延長」を盛り込んだ法案がけしからんというマスメディアや不勉強なコメンテータ達の発言が聞こえてきそうだが、自分自身を国家を運営する立場に置いて考えてみれば、わずかな良識があればわかることではないだろうか。
確かに平成21年度から一般財源化する道路特定財源であるのだから、延長期間は1年間のみでよい。しかしその前提には、民主党が与野党協議を行なって一般財源化が法案提出ができて、可決されることが必須条件となる。
もし現状の民主党の不誠実(不必要な国民生活の混乱を巻き起こしているという点において)な態度が続き、平成21年度からの一般財源化ができない場合も充分予測される。そうした可能性を考慮すると法案に謳う延長期間は2年だったらよいのか、それとも3年なのか。
それとも1年延長の法案を1年毎に提出し1ケ月以上もかけて再議決するのがよいというのだろうか。そんな議会を浪費するような徒労な行為を繰り返してよいのだろうか。
そうであれば当初の法案原案通り10年延長にしておこうというのは法案提出者として、また健全な国家運営に当たるものとして当然すぎる姿勢ではないかと、私は思う。
一般財源化が達成できれば無効となる法律であるのだから「10年延長だからうそつきだ国民を騙している」という理屈は成り立たない。
そもそも、そんな騙し方があるだろうか。
マスメディアの人間達は結構自分たち以外はそんなことも気づかない無知な大衆だと思っているのかもしれないが、一般国民だってそんなに馬鹿じゃない。
ただマスメディアで報道される言葉を鵜呑みにしてしまうインテリ気取りの国民が少なからずいることは悲しい現実でもある。
それはそれとしても、仮に私が福田総理の立場であっても今回の法案提出と同様の措置をとる可能性は高いと思う。

民主党が参議院で第一党になり、給油支援法案を否決した以降の国家としての混乱と代償は計り知れないものがある。
平和に慣れ切ってしまった政治家達が、大したことをしなくても平和は続くだろうという根拠なき油断が引き起こしている惨めで幼稚な姿だ。
少なくとも武力行使を伴う民族紛争や国家テロの危機に直面している国家であれば、こんなくだらない国会は行なわれないだろう。

マスメディアも一般国民も、もっと賢明になれ。

【関連リンク】: 「首相はどうかしている」=小沢民主代表、道路特例法案で対応批判(時事通信) - Yahoo!ニュース.

|

« 長寿医療制度 巣鴨で街頭演説 | トップページ | 迷惑メール 法改正に期待 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134217/40901962

この記事へのトラックバック一覧です: 「首相はどうかしている」そう言っているあなたこそどうかしている。:

« 長寿医療制度 巣鴨で街頭演説 | トップページ | 迷惑メール 法改正に期待 »