« 民主党が“違法ビラ” 問題はその後の対応だ | トップページ | ウィーン・オペレッタ管弦楽団を鑑賞 »

2008年1月20日 (日)

第17回黎明塾『新製品の開発』

1月12日(土)に第17回目の黎明塾を開催しました。
今回のテーマは『新商品の開発』。

企業や事業主体となる経営者が、市場の細分化分析を行ない、標的顧客を明確にし、その顧客ニーズを的確に把握する。そのうえで市場における自らのポジショニングを決定したならば、いよいよ新しい商品の開発プロセスに着手することになる。
今回学ぶ内容はそのステップである。
私たちが目にする企業には、こうした手順を短時間で確実に仕上げているところもある一方で、結論を急ぎすぎたり直観的な商品開発をしている企業も少なからずある。
またこれらのステップを踏んだとしても必ずしも開発した商品が収益を上げるという確証もないのが現実である。
しかし、だからこそ今一度「新商品の開発」とはいかにあるものなのかを学んで欲しい。

【実施内容】
http://www.prosecute.jp/reimei/017.htm

|

« 民主党が“違法ビラ” 問題はその後の対応だ | トップページ | ウィーン・オペレッタ管弦楽団を鑑賞 »

経営塾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第17回黎明塾『新製品の開発』:

« 民主党が“違法ビラ” 問題はその後の対応だ | トップページ | ウィーン・オペレッタ管弦楽団を鑑賞 »