« これで調査レポートと言えるの(^_^;)? | トップページ | 仮面ライダー新作 PG-12指定 »

2007年7月 4日 (水)

久間氏の「しょうがない」発言

防衛庁長官の久間氏の原爆投下をめぐる「しょうがない」発言は、久間防衛庁長官辞任という形で幕引きが図られた。
後任には安全保障担当補佐官として、安全保障政策に関与してきた小池百合子氏が就任した。

今回の問題発言の背景には様々な要因がある。
その中で、2点について指摘しておきたい。
ひとつは、日本における歴史認識の問題。
もうひとつは、「しょうがない」という言葉が多発される日本の国民性だ。

総体的に、日本人は歴史認識ができてないと私は感じている。
それは、より広い視野で物事を見ること、その物事の現象と原因という因果関係を突き詰めて検証するという思考訓練がなされていないことに起因するのではないだろうか。
今回のケースでいえば、アメリカによる原爆投下が日本における戦争終結にどのように影響したのかという点だ。当事者であるアメリカ側は、自己正当化という論理も働くので彼らの論理をそのまま受入れるという性質のものではない。
ソ連の参戦という問題も大きく影響しているのは当時の文献等が明らかになるにつれて、ほぼ歴史的評価が固まりつつある。ソ連参戦によって日本軍部は戦争終結に動き始めていたことを裏付けるものだ。
また戦後におけるソ連の発言力拡大を危惧したアメリカが原爆投下によって終戦時期を早めようとしたという指摘にも裏付資料が明らかになっている。
もちろん反証も出されている。
こうした相反する歴史的証拠を検証する努力が軽視されてきたのが現在の閣僚発言の一因にあると、私は思う。

そして同じくらい問題なのが「しょうがない」という言葉を多用してしまう国民性だ。
「しょうがない」とは「仕方がない」「仕様(やりよう)がない」が変化した言葉であるが、本来の意味からすれば、打つべき手を打ち尽くして、これ以上講じることができる方策がない、という状況の時に使うべき言葉ではないのか。
ところが、日本人は安易に「しょうがない」という言葉を多用する。
私の回りでも、実によく耳にする。
本当に打つべき手がない状況なのか。
この安易な言葉を使うとき、その人は早々と努力することを放棄していないか。
言葉の持つ意味は重い。
そして言葉は、それを聞く人によって微妙に受け止め方が違うのも現実だ。
真意を伝えたいと思うのならば、ひとつの言葉にできる限りの思いを込めて語ることが求められていると、私は思うのだが皆さんはどのように感じるだろうか。

【関連リンク】
<小池防衛相>就任へ抱負「言葉は選びたい」
久間防衛相辞任、原爆発言で引責 後任に小池補佐官
原爆投下の正当性、米核不拡散担当特使が強調

|

« これで調査レポートと言えるの(^_^;)? | トップページ | 仮面ライダー新作 PG-12指定 »

社会倫理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久間氏の「しょうがない」発言:

« これで調査レポートと言えるの(^_^;)? | トップページ | 仮面ライダー新作 PG-12指定 »