« TS認定の幼児用浮輪で死亡事故 | トップページ | なぜ冷静になれない?赤木農水相事務所費問題報道に疑問 »

2007年7月 7日 (土)

第12回黎明塾『ビジネス市場と企業の購買行動』

7月7日14時より第12回黎明塾を開催しました。
今回のテーマは「ビジネス市場と企業の購買行動」。
消費者市場とは別の市場としてビジネス市場を考えることがありますが、本然的には同一の市場原理が働いているのだと私は考えています。
把握しにくい衝動的要素が入りやすい消費者行動に比較して、ビジネス市場における購買行動は理論的に把握しやすい形で発現されることが多いように感じます。
言い換えれば、ビジネス市場を正確に把握する視点を持つことによって、目の前の消費者市場をより適確に把握し対処することができると言えるのではないかと思います。

一例をあげれば、ビジネス市場を把握する中核理論のひとつに「相互利益の最大化」が挙げられますが、これは本来的にどのような市場にあっても重要視されるべき考え方です。
しかし、現実のビジネスにおいては、自らの利益の最大化のみが追求され、数々の不祥事が引き起こされているのが現実の社会です。
昨今の企業の不祥事を事例に、ビジネス市場の購買行動の重要性を考察することは、現代の要請でもあるように感じます。

【主な課題等はこちら→】http://www.prosecute.jp/reimei/012.htm

|

« TS認定の幼児用浮輪で死亡事故 | トップページ | なぜ冷静になれない?赤木農水相事務所費問題報道に疑問 »

経営塾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第12回黎明塾『ビジネス市場と企業の購買行動』:

« TS認定の幼児用浮輪で死亡事故 | トップページ | なぜ冷静になれない?赤木農水相事務所費問題報道に疑問 »