« 第26回桂冠塾『リトル・トリー』(フォレスト・カーター) | トップページ | 6月から住民税が増えるとの報道姿勢に違和感。 »

2007年5月31日 (木)

小沢一郎、ここまでか。

昨日5月30日に党首討論が行なわれた。
今国会で2回目となった今回の論点は年金改革だ。
5000万件にのぼる記録漏れ問題と善後策。
社保庁改革関連法案のゆくえ。
この2点が国民の大きな注目をあつめている。

正直な感想を述べておきたい。
小沢一郎よ、何がしたいのか?

まず、この日になぜ固執する必要があったのか甚だ疑問だ。
同じ30日には熊本県で松岡利勝前農水相の葬儀があった。
安倍首相は「延期を申し入れたが民主党の理解が得られなかった」
「惻隠の念はお互いに持つべきではないか」と記者団にコメントした。
現職閣僚の死亡に際して首相が参列しないのは、国民感情からも、一人の人間として納得できるものではない。
首相夫人の首相弔辞の代読が痛々しかった。
党利党略を考えているとしたら、人として許せない。

民主党は「葬儀に配慮して日程変更する考えはあった」
「与野党協議で決まっただけだ」と反発していると言う。
そんなことを言うのなら、なぜ自ら日程変更を申し入れないのか。
どちらに真実があるのか、賢明な人間であれば自ずからわかることだ。

関連動画:フジテレビ永田町ナイトウオッチ(首相のコメント他)

社保庁問題に関して、政府に責任があるのは、当然だ。
しかし、その言質を首相からとるだけの党首討論なら、どれほどの意味があるのだろうか。
責任については、すでに安倍首相が言明している。
問題の焦点は「その後をどう解決するのか」に移っているのだ。
それがわからないのか、小沢氏の主張は責任論に終始した。

もっともお粗末だったのは、小沢氏からは何の具体策も出てこなかったことだ。
安倍首相からは
・5000万件の調査を一年で行なう
・5年の支払の時効をなくす
など対応策が出されている。
もちろん充分とはいえないが、民主党側からも指摘があった事柄に対して、政府与党として責任ある対応をとろうとしているのがわかる。

首相側のそうした姿勢に対して、民主党としての対応策を求められた小沢氏はこう言い放った。
「ここ(党首討論の場)は首相に質問する場」。
何を言っているんだろうか。
「討論」という言葉の意味がわかっていないわけがないだろう。
開き直るにも、ほどがある。
あきれた。

政府の対応が充分だとか、全て正しい、などと言っているのではない。
しかし、小沢氏を党首にするしかないような政党に、政権交代させたら、どんな日本になってしまうのか。

日本の選択肢は、他に、あるはずだ。
あってほしい、と念願する。

【関連リンク】
<党首討論>年金支給漏れ、社保庁改革法案で攻防戦(毎日新聞)
年金問題、政争の具にすべきでない=党首討論で安倍首相(ロイター)
ニュース特集:松岡農水相自殺(朝日ドットコム)
動画:弔問客が続々訪問…自殺した松岡前大臣の葬儀
動画:フジテレビ永田町ナイトウオッチ(党首討論の様子など)

|

« 第26回桂冠塾『リトル・トリー』(フォレスト・カーター) | トップページ | 6月から住民税が増えるとの報道姿勢に違和感。 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134217/15265369

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎、ここまでか。:

» 議員年金は廃止になるのか? [☆★時事チップス★☆別冊・歴史チップス(最近報道版)]
 消費税について、 「消費税はいつ上げるんですか?」  という記者の質問に、首相はこう答えている。 「私の任期中は上げません」  ということは、議員年金もこうなのでは? 「議員年金はいつ廃止するんですか?」 「私の生存中は廃止しません」...... [続きを読む]

受信: 2007年6月14日 (木) 13時06分

« 第26回桂冠塾『リトル・トリー』(フォレスト・カーター) | トップページ | 6月から住民税が増えるとの報道姿勢に違和感。 »