« 関越道側道の車止め撤去の是非 | トップページ | ずさんな社会保険庁・年金記録不明が5000万件 »

2007年5月24日 (木)

高野連は公平か?岩手県専大北上高が再加盟

本日5月24日、日本高校野球連盟が西武球団との裏金供与問題で野球部を解散した岩手県専大北上高校の再加盟を発表した。6月1日付で加盟となる見込だ。

日本高野連の脇村春夫会長は「再加盟が早すぎるのではという考え方もあるが、学校側が一丸となって復帰に取り組んでいる印象を受けた」と語っているようである。
しかし誰の目から見ても異常に早すぎる再加盟だ。
元々の事件の発端は同校野球部に所属していた野球部員に対する西武球団からの便宜供与に便乗して、同校野球指導者らが法外な謝礼を現金等で受け取っていたというものだ。
高校野球史上最悪の事件と言っても過言でないだろう。

それが同校の野球部自主解散から再加盟まで1ケ月余り。
当初、高野連自体が除名相当との姿勢であったと報道されていたし、過去の出場停止など処分された高校の事例に比べても、おかしいだろう。
甲子園出場の常連校だから優遇されたのではないか、何か高野連側に弱みでもあるのかと言いたくなる野球関係者も少なくないのではないかと思う。

本来私も今回のような処分が妥当だと思う。
もっと言えば過去にさかのぼって同様の基準で処分を決めるべきだったと言いたい。
今回の事件では現役野球部員が関与していないことを挙げる向きもあるようだが、過去に処分された事例でも、野球部を引退した3年生が関与した事件、試合や練習にも出ていなかった補欠選手が起こした事件でも1年以上の試合出場停止の処分が課せられたことが多々ある。
過去の高野連の処分は何が目的なのか、本当に子供達のために下した処分だったのか、疑問を感じるのだ。
授業料免除や補助の問題もそうだ。野球部員の授業料免除や優待制度を非難する権利が誰にあるのか。学力やクラブ活動に取り組んできた生徒に対して学費を免除補助する制度があるのに、厳しい練習に取り組んできた野球部員が優遇されるのがそんなに悪いことなのか。

高野連では一貫した公平性が保たれているのか。
今回の処分を妥当というなら、今までに処分を課せられた高校球児のためにも、過去にさかのぼって説明する責任を果たしてほしい。

【関連リンク】
専大北上の再加盟承認 6月1日付で 高野連
自主的解散が早期復帰に 専大北上高(Yahooスポーツナビ)

|

« 関越道側道の車止め撤去の是非 | トップページ | ずさんな社会保険庁・年金記録不明が5000万件 »

社会倫理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高野連は公平か?岩手県専大北上高が再加盟:

» 野球 お父さん アドバイス [お父さんでも3日で一流の打撃コーチになれるバッティング指導法]
初めまして、いつも楽しく拝見しています。この度「お父さんでも3日で一流の打撃コーチになれるバッティング指導法」というサイトを作りましたので、トラックバックさせていただきました。貴ブログ訪問者である野球指導の上達に興味のある方には、非常に有益な情報だと思っております。ぜひご訪問いただければ幸いです。万が一不要な場合は、お手数ですが削除して下さい。失礼しました。... [続きを読む]

受信: 2007年8月26日 (日) 02時51分

« 関越道側道の車止め撤去の是非 | トップページ | ずさんな社会保険庁・年金記録不明が5000万件 »