« 我が地域よ おまえもか | トップページ | モラルなき日本経済の転換を 東電、関電のデータ改ざん&JTの禁煙条例阻止行為 »

2007年2月14日 (水)

中国・雲南省でペンキを塗って緑化?

中国の新華社が13日付で雲南省昆明市内の富民県において、同県林業局がペンキを使って山の岩肌数千平方メートルを「緑化」していたと報じている。
もちろん新華社は激しく抗議する論調のようだ。周辺住民も怒りをあらわにしていることが報じられている。

【Yahooの記事はこちら↓】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070213-00000011-scn-cn

石の採掘現場で露出した地面を隠すために、緑色のペンキを使って約10人の作業員で20日間以上作業をしたという。言うまでもなくペンキは有害物質を含んでおり、巨大な自然破壊の愚行だ。あきれて言葉も出ない出来事だが、現実に行なわれた事実であることに重大な問題をはらんでいる。

たしかに雲南省富民県林業局のレベルは最低だ。中国政府としての管理監督責任も問われなければならないだろう。
いったい誰からどうような指示が出されていて、現場の管理者がどのように作業を組み立てたのか。「緑化」という言葉を理解していたのかさえ疑問に思えてくる。実際に作業した10人の中に「自然破壊」という言葉を知っている者がいなかったのかもしれない...。
私たちは情報と文明の中で暮らし、それなりの常識というものが存在しているが、世界には全く違った日常生活も存在する。自然の中にあっても木を切る時には、7世代前からの恩恵を受け、7世代先の子孫のことを考えて切る本数を制限する民族もいる。そこには人としての叡智を感じる。一方でそうした先人達の知恵を継承しない民族や人達がいても決しておかしくない時代だ。中国には4人組に代表される文化伝統を意図的に破棄した時代もある。問題の原因はより深いところにあるのではないか。

しかしこれほどまでにあからさまでないにしろ、同類の事態が身の回りで起きていないだろうか。例えばCox排出の問題を言いながら捨てられない快適な生活、資源保全といいながら使い捨てと化しているペットボトルの山々、進まない回収された資源ごみの再利用、いまだ増え続ける残飯の廃棄...。

富民県林業局に腹を立てるだけの資格が果たしてあるのか。
自らに問い質したい。

|

« 我が地域よ おまえもか | トップページ | モラルなき日本経済の転換を 東電、関電のデータ改ざん&JTの禁煙条例阻止行為 »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国・雲南省でペンキを塗って緑化?:

» ペンキ塗って「山を緑化」 [とんみんくん]
意識の低さに愕然としますね。 環境問題が叫ばれている中ほんとなさけないですよねー。 雲南省は緑の森林に恵まれているそうです。 [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 01時31分

« 我が地域よ おまえもか | トップページ | モラルなき日本経済の転換を 東電、関電のデータ改ざん&JTの禁煙条例阻止行為 »