« 襟を正すべきは誰か | トップページ | 道州制の本義とは何か »

2007年1月16日 (火)

ソフトバンク携帯のホワイトプラン

今日の朝刊の広告を見て「うん?」と目が止まった。
「¥980 月額基本使用料」
「ソフトバンク携帯同士、国内 通話無料」...
これって月額基本料2880円のゴールドプランの値下げバージョン??

何を隠そう(隠すことはないが^^;)私はソフトバンクモバイルのユーザー。ゴールドプラン発表後に少し考え、11月の後半に家族の携帯と2台一緒にゴールドプランにした。
さっそくゴールドプランとの違いとゴールドプランから変更した場合の追加費用が気になって...仕事の合間にちょこちょこと調べていました(^^ゞ

まずは携帯から「157」番の自動音声ガイドを聞く。
・1~21時のソフトバンク携帯宛の通話無料
・上記以外の通話は21円/30秒。
・ソフトバンク携帯宛メールは無料。
・ゴールドプランからもプラン変更が可能。
・6ケ月契約に同時加入することでプラン変更手数料は免除(無料)。

ふむふむ。それならゴールドプランと変わりないんでは?そういえばゴールドプラン契約時に新スーパーボーナスで新しい端末買ったなぁ。説明がややこしくてよく理解できなかったけど(^_^;)端末購入代金が機種毎に「○○円割引」ってなっていた...。この分の割引金額が請求されるんでは?今までのケースだと充分ありうる話だ。

やはりホームページで確認だ。
まずはオフィシャルページ。
http://mb.softbank.jp/mb/price_plan/3G/white_plan/
私が知りたい情報は掲載されていない...新たにわかったことは
・ソフトバンクユーザーのプラン変更は翌請求月からの適用。
ということ。プラン変更が2~3日あとでも損はしないので、少し時間的に余裕ができた(^^ゞ

いくつかブログも見たがあまり参考にならない。
1月5日に行なわれたプレスリリースが私の疑問に心情的に答えてくれていた。
MYCOMジャーナル1月5日付
http://journal.mycom.co.jp/news/2007/01/05/380.html
・ゴールドプランでの月200分の無料通話分がホワイトプランにはない。
なるほどそれで2880円を980円にしたということね(ふむふむ)。
プラン変更時の費用には今ひとつ不安が残るが(+_+)孫正義社長の次のような発言が掲載されている。
「ゴールドプランを契約したばかりのユーザーも、ペナルティなしでホワイトプランに移行することができる」
「正真正銘のシンプルな料金体系。別の付帯事項によって、ひっかけがあるとか、裏があるものではない」
「他社の料金体系に比べて、少しでも安くすれば最低料金を唱えるが、そこに留まるのではなく、私が世界一高いと思っている日本の携帯電話料金を引き下げるというソフトバンクの志を実現したかった」

よし!孫社長の言葉を信じてホワイトプランに変更だ。

《関連リンク》
ソフトバンクモバイル「ホワイトプラン」
MYCOMジャーナル「SBM 新料金「ホワイトプラン」発表」

|

« 襟を正すべきは誰か | トップページ | 道州制の本義とは何か »

技術革新」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134217/13545814

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンク携帯のホワイトプラン:

» ソフトバンクの携帯cmで使われている曲名は・・・ [ソフトバンクの携帯cmって・・・]
ソフトバンク携帯のcmネタですが、あの曲はどこで使われているの、というものもけっこう多いです。女優のキャメロン・ディアスが出ているソフトバンクの携帯cmの曲ですが、あれはAerosmith(エアロスミス)の”WALK THIS WAY”という曲です。アルバム”Toys In The Attic”(邦...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 6日 (火) 20時46分

« 襟を正すべきは誰か | トップページ | 道州制の本義とは何か »