« かつては期待していた民主党の現実 | トップページ | 第12回桂冠塾『イワン・イリッチの死』(トルストイ) »

2006年3月23日 (木)

本当に実在するのか?堀江メールの情報仲介者

昨日22日の衆院懲罰委員会に出席した衆院議員の永田寿康氏の弁明内容を聞いてあきれた。この人間は何を根拠に国会答弁を行なったのだろうか?結局、情報提供者とされる「元記者」の身元すら明かさなかった。永田氏に元記者の素性を秘匿する義理も必然性もないにもかかわらずなのにだ。
民主党は明日24日の懲罰委員会で実名公表に踏み切る意向だと報道されているがあえて言っておきたい。

情報を提供したという「元記者」は本当に実在するのか?

|

« かつては期待していた民主党の現実 | トップページ | 第12回桂冠塾『イワン・イリッチの死』(トルストイ) »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134217/9231271

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に実在するのか?堀江メールの情報仲介者:

« かつては期待していた民主党の現実 | トップページ | 第12回桂冠塾『イワン・イリッチの死』(トルストイ) »