« 第10回桂冠塾『阿Q正伝』(魯迅) | トップページ | 堀江メールをめぐる報道の姿勢 »

2006年2月23日 (木)

堀江メールの真実

この事件はあえて取り上げることもないだろうと感じていたので自分の中では放置していたのだが、党首討論まで持ち込まれる事態となったのでひとこと触れておこうと思う。

いうまでもなくライブドア・堀江氏から武部自民党幹事長の次男への振込疑惑を提起したのは民主党である。具体的には永田寿康氏。この人物は千葉県を地盤とする衆議院議員である。公共の場で個人を名指しして疑惑を取り上げたのであるから、その立証責任を負うのは当然である。立証しないのであれば一般人であれば名誉毀損等の犯罪に問われる重大な事案だ。

国政調査権が云々いっているようだが、事実と考えうるそれなりの裏付けがなければ発動しないというのは常識的な判断だ。これが立場が逆で民主党議員やその家族に疑惑が向けられていれば、民主党の前原代表だって同様の判断(根拠が示されなければ国政調査権を発動しない)をするだろう。それとも根拠が提示されなくても国政調査権を使うのだろうか。
もしそのようなことが行われれば、悪意の中傷デマを撒き散らして騒げば国家権力が動くということになる。国民としてそのようなことを見過ごすわけにはいかない。
普通に考えれば、民主党、前原氏や永田氏の主張がおかしいことは誰にでもわかることではないか。

疑惑といって公的な場所で声をあげたのだから立証責任を果たせ。

すべての事態はそこから動き始まる。

|

« 第10回桂冠塾『阿Q正伝』(魯迅) | トップページ | 堀江メールをめぐる報道の姿勢 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134217/8798526

この記事へのトラックバック一覧です: 堀江メールの真実:

« 第10回桂冠塾『阿Q正伝』(魯迅) | トップページ | 堀江メールをめぐる報道の姿勢 »