« 阪神淡路大震災から満11年 | トップページ | 第10回桂冠塾『阿Q正伝』(魯迅) »

2006年1月25日 (水)

ライブドア事件の意味するもの

ライブドアの堀江氏が逮捕され、取締役を辞めたことが報道されている。
そのこと自体はさほど驚くことではないが、今後の堀江氏の人生がどのように送られていくのかを注目してみるのがよいと思う。
もちろん今回の事件だけで終わることはないわけだが、同様の手法で復活しようとするのか、まったく予測のつかない想定外のビジネスを引っさげて再登場するのか?

ライブドアの1件をはじめ、耐震強度偽造、アメリカの牛肉危険部位輸出、少年少女を狙った事件など、昨今の相次ぐ事件は今の社会状況を悲しいくらい的確に反映しているのだと痛感する。社会という抽象的な言い方ではなく、個々人の生命の状態といったほうがより正確なのかもしれないとさえ思う。

そうしたなかで、一部国会議員やマスメディアではこうした事件の原因を政治問題化にするかのような論調が見受けられることに異論を呈しておきたい。
こうした一連の事件の原因を政治に求めるのは筋違い、というよりも単なるこじつけにしかすぎない。仮に政治が変わったとしても、一人一人の生き方、ひとつひとつの物事に対する取組む生命の姿勢が変わらない限り、何も解決の方向には向かわない。
全ては「誰が悪いか」ではなく「自分がどうするか」に帰結するものではないかと私は感じている。

年頭に当たって今年はどういう年かと考えた。
・個々人に光があたる年
・虚業や集団で動く時代ではなく派手ではないかもしれないが一人一人が堅実に弛まず一歩一歩前進を続けていく年

そうした時代に入っていると感じている。ある提言に紹介されていた昨今の少年少女犯罪を分析した柳田邦男氏の文章が心に残った。

「真の原因を現時点で突き止めるのは困難だが、究極の原因に極めて近いところにあると思える問題は、凶悪事件を起した少年のほとんどが、他者の痛みを思ってもみない完璧なまでの自己中心の精神構造になってきている」(『壊れる日本人』より)

|

« 阪神淡路大震災から満11年 | トップページ | 第10回桂冠塾『阿Q正伝』(魯迅) »

社会倫理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライブドア事件の意味するもの:

« 阪神淡路大震災から満11年 | トップページ | 第10回桂冠塾『阿Q正伝』(魯迅) »