« 知床が世界遺産に登録 | トップページ | 『ペスト』アルベール・カミュ 第4回桂冠塾 »

2005年7月29日 (金)

首都圏に震度5強の地震発生

今月23日(土)16時35分頃、南関東に地震が発生した。震源地は千葉県北西部、震源の深さは73km、マグニチュード6.0と発表された。東京でも足立区で震度5強、23区の多くでも震度4が記録された。
今回の地震では災害に対する備えの危うさがいくつも露呈した。

①震度情報送信の遅れ
災害対策の大前提となる重要データである震度情報の送信が、都内52カ所から東京都経由で気象庁に送信されるまで22分かかっていた。このため政府首相官邸での官邸対策室設置が地震発生30分後にずれ込んでいた。東京都の「8年前に導入したシステムの処理能力の限界」「早急に抜本的改善を検討する」コメントが報道されている。迅速なデータ送信がおこなわれるのは当然であるが、現在のITの進捗は日進月歩だ。8年間も抜本的見直しをしてこなかったのは明らかに怠慢ではないか。また今回の見直しで多額の費用を使うことにも疑問がある。インターネット等の技術を活用すればわずかな予算で高速化(いわゆるブロードバンド化)が可能ではないかと思えるのだ。この点も私達住民は監視していきたい。

②エレベータの再作動に多大な時間
現在のシステムではいったん停止したら管理会社の点検がおこなわれない限り再開ができないしくみになっていることも再開が遅れた要因のひとつだという。
これは災害時の想定がまるでなされていない。今回はビルの破損等の被害がなかったため、これでも影響は最小限だったといえるが、ビルの半壊や管理会社自体のビル破損等があったときのことも含めて緊急時マニュアルの策定が急がれる。

③交通機関に大きな遅延が発生
鉄道などの交通機関会社の皆様は本当に迅速に対応してくださって本当にありがたいと感じました。
問題はそうした都市交通に依存している生活にあると思う。こうした災害時には緊急の用事でない限り、数時間は移動を諦める等の社会としてのコンセンサスを形成することも必要ではないかと思う。実際に緊急を要する方もいるわけだからその方の移動手段を確保するという意味もある。そのように考えれば少なくとも1~2時間時間を費やす場や方法も必要となる。検討されるべき課題がいくつか浮き彫りになるのではないか。

④東京都職員・災害対策時の補助要員の半数以上が登庁せず
東京都は災害時の補助要員を確保する目的で都庁に近いエリアに約10ケ所200名の職員を対象に住居を提供している。その施設や家賃にはもちろん都民の税金が投入されている。
都内で震度5強以上の地震が発生した場合は本来の業務よりも災害対策に関係する業務を優先することが定められている。今回の地震発生に際してその日の当番(土曜休日ということらしい)であった34人のうち登庁したのは13人、わずか38%に過ぎなかった。
補助要員用住宅は3LDKで月5万円ほどで通常職員の半額程度に設定されているらしい。
通常職員でも月10万円で新宿で3LDKに暮らせるわけでそれ自体優遇されすぎではないかと思うが、今回登庁しなかった職員に対して東京都は退去勧告をするという。これも当然だが、もっと根本的な問題がある。
こうした補助要員に必要以上に税金が投入されていないか。34人の登庁を確保するために年間いくらの税金が投入されているのか。投資対効果から見れば他の施策に切り替えるべきだ。当番は200人中34人ということは6回に1回という割合。月に1.5回程度、年間で20回程度だ。これだけのためにいくらの税金が使われているのか。それよりも実際に登庁させ、休日業務にあたらせながら地震発生に備える方が無駄がない。家賃差額だけで1日3万円の休日出勤の人件費を払うことができる。住宅の維持費等がいらないのだから圧倒的に税金を圧縮できる。それで休日サービスも向上されて一石三鳥以上の効果だ。震度5強以上の地震となれば補助要員でない職員であっても登庁していれば通常業務よりも災害対策に関わるのは自然なことでもある。再考を促したい。

そして最後に私達一人一人の取組みを再度確認しないといけないと実感した。
・家具等の転倒防止や危ないものを高い場所に置いてないだろうか。
・救急非難袋は用意されているだろうか。
・近隣の避難場所(小中学校)は確認できているだろうか。
・緊急時の家族同士の連絡方法は確認しあえているだろうか。
・近隣で一人暮し高齢者や高齢者のみ世帯の方の確認はできているだろうか。
・共働き等で子供のみになっている家庭はないだろうか。 ...

災害に対しての認識の甘さを思い知らされた。

|

« 知床が世界遺産に登録 | トップページ | 『ペスト』アルベール・カミュ 第4回桂冠塾 »

安全安心」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首都圏に震度5強の地震発生:

« 知床が世界遺産に登録 | トップページ | 『ペスト』アルベール・カミュ 第4回桂冠塾 »