« 悪意ある恣意的な表現を見過ごしてよいのか東京編 | トップページ | 愛知万博 »

2005年6月10日 (金)

悪意ある表現を見過ごしてよいのか東京ねりま編

私の住む東京都練馬区に住む住民の間で話題になっている話のひとつが順天堂練馬病院の開院だ。来月7月1日のオープンに向けて工事も順調に進んでいる。最近この順天堂練馬病院に関連するビラが数回にわたって個人宅のポスト等に入れられている。その内容たるもの事実を知らない人が読んだらなんて思うだろうかというほどいいかげんなものだ。発行元は複数名乗っているが全体のトーンは「練馬区は税金を無駄遣いして高額な病院を誘致した」というものだ。順天堂大学という私立大学の病院を誘致したのは事実だ。しかしそれが税金お無駄遣いになっていたり意味のないことなのだろうか。

主な主張だけでも次のようなものがある。

公立病院ではないので初診料や検査料などが高く取られる。区民にとって有益な病院ではない。
差額ベッドが約半数を占めるぜいたく病院だ。
その差額ベッド代が最高6万円もかかる。庶民の病院ではない。
練馬区は病院前に6億円もかけてエレベータ付の歩道橋を作った。無駄の塊だ。作る必要なんかない。
病院用地として30億円相当の区有地を無償で提供した。その土地は区民の財産だ。

病院を批判しているビラの発信者には現職の区議会議員もいる。上記のようなことを本当に思っているのか、はたまた悪意を持って政略のために論調を張っているのか?いずれにしろ正しくない内容であることは医療や病院誘致の経緯を知る住民であればわかることばかりだ。

《確認するまでもないが「違う」ということを明確に》

初診料や検査料は医療点数で算出されるので私立だろうが公立だろうが恣意的な要素が入り込む余地はない。
また地域の拠点病院となる総合病院として、診療科目等の充実がなされていることは重要なポイントであり、その際には特定機能病院の指定を受け高度診療機器を設置運用させるために費用として特別療養費を初診時に受診者が支払うことになる。今回撒かれているビラではこの料金設定も高額だと言っているが2,000~2,100円で検討がなされている。順天堂病院の本院では3,150円であることから、また他の医療施設では4,000~5,000円前後である事実を知っているのだろうか。またそれとも診療科目が整った総合地域拠点病院が要らないとでも主張するつもりなのだろうか。

差額ベッドは全400床のうち171床で43%である。決して多いわけではないのだ。これは医療関係者はもちろん病院に入院した経験がある人なら知っている事実だ。これは厚生労働省が健全な病院経営のガイドラインとして半数のベッドについては差額ベッド代として個人負担のあるベッドを用意することが望ましいとされている。事実差額ベッドが2~3割程度しか用意されていない都立病院では毎年20億円以上の赤字を計上している。単純に考えれば住民(東京都民)の税金で穴埋めしていることになる。受益者負担の原則から言っても差額ベッドを用意することは何らおかしいことではない。また差額ベッドは入院する患者の希望で入室待ちをするケースも多い。個室はどの病院でも常に満室状態である。ベッドが不足して差額ベッドを利用する場合も同意なしには使わないのだ(通常料金ベッドの4人室と同じ定員4人室の差額ベッド数は80床あり、この80床がこれに該当するだろう)。

その差額ベッド代は高額といえるだろうか。ビラに出ている「6万円」の差額ベッドは7床用意される特別室のことだ。よく芸能人や政府関係者が入院する時に使っているのがワイドショー等で紹介されるその部屋だ。利用したい人が高いお金を払って利用することに何ら問題はないだろう。逆にそうした方々にグレードの高い部屋で個人負担をしっかりしていただければ病院経営の助けにもなり私達庶民は助かるわけでもある。
私達が利用する差額ベッド代は現状の医療機関の水準と比べても決して高くない。
4人室で4,100円、2人室で10,000円だ。個室(1人室)も24,000円と22,000円の2種類が予定されている。負担できる方には負担をしていただき、多くの方には低い負担でという考えが見えてくる料金設定であり、経営をする者から見ても健全な設定といえる。

順天堂練馬病院の前に作った歩道橋。
まず不要だという主張について。現地を歩いてみればわかる。病院前の道路は笹目通り、いわゆる環状八号線(カンパチ)だ。交通量は都内でも有数であり現在の歩行者信号の青色点灯時間は19秒間。道路幅24mをわたりきるには健常者でなければ無理であることは明らかだ。では歩行者信号(青色)を長くすればいいのかというと一ケ所の信号だけを長くすれば環八の車の流れは停滞する。環八全部の信号の長さを長くすることも検討されたが交差する青梅街道や真青梅街道等の交通量など総合的に検討して不適切と判断、従って歩道橋となった経緯がある。
バリアフリーの考えから車椅子や歩行困難な方にも利用できるエレベータ付となった。歩道橋に上がり渡り切ったところから病院2階の受付に直行する設計に決定された。順天堂練馬病院は免震構造であるため歩道橋も免震構造が採用された。6億円が果たして必要以上に高額かどうか、ビラを撒いている議員にはパフォーマンスではなく、議会や委員会の場を通じて詳細な数字を元に検証することを強く要求するものである。

30億円相当の用地を無償提供とあるが練馬区が行なった措置は責められるべき内容だろうか。練馬区内に様々な医療に対応する医療施設がなく、多くの区民が武蔵野市や板橋区、埼玉県内の病院に入院している。「区内に地域拠点病院を」という声は10年も20年も前からの要望だったと聞く。しかし区立病院や都立病院の誘致はままならない。他例から見て赤字経営の危険も大きい。そんな中で誘致の乗り出したのが順天堂だ。建設用地を区で用意した。当初石神井公園付近の用地が検討されたが条件にあわず、そんな中練馬高野台駅徒歩5分の区立中学校が統廃合で用地が空くことになり、ここが候補に挙がった。
この土地に地域拠点病院を建設運営する条件で賃借料なしで順天堂に貸し出す契約になった(注:一部長命寺所有地が含まれるためその費用は別途発生する)。またそうすることで先般触れた差額ベッド代や特別療養費を低く抑える原資にもなっている。
病院を建てなければ民間に30億円で売却する予定の土地だったとかいうのならまだ話もわかる。それにしても安易に区有地を売却することはできない。遊休地か地域の施設用地になる可能性が高い区有地であるのだから住民が求めてきた病院の用地に無償貸与することは有効活用と言えるだろう。もちろん区有地のままだから区民の土地だ。順天堂も地域住民のための拠点病院であることは充分に理解して病院経営に当たってくれることになる。

もうひとつ付け加えると、それらのビラの中に「子供の安全のために順天堂練馬病院に24時間小児救急の要望を行う署名に協力下さい」という趣旨の文言があった。
もうすでに小児救急24時間365日体制で行なうことは順天堂との間で同意済みの事実なのだ。それをあとから署名を行なって「わが政党の実績だ」という言うつもりなのか。あきれてものが言えない。

様々な施策を批判することはもちろん自由だ。しかし虚偽の主張には正邪を糺していくことが求められる。意見を主張するということは他人からの反論を含めてより多くの人の意見に耳を傾けて、自らに過ちがあった場合はすみやかに訂正、場合によっては謝罪することが求められている。
皆さんの住む地域でもこんなやりたい放題の言論に名を借りた蛮行が横行していないだろうか。厳しく監視し続けることが求められています。

ビラを撒き続けている人よ。ポスターを張り出している人達よ。
自らの主張を今一度検証せよ。

【参考】特定機能病院と特定医療費について

●次の施設のある病院は厚生労働省から特定機能病院の承認を得ることができる。
 1 診療科目が10以上である
 2 病床(ベッド)数が500以上である
 3 医師、看護士、薬剤師等が一定人員以上配置されている
 4 集中治療室、無菌室、医薬品情報管理室がある 等
●特定機能病院における初診時には特定療養費を受取ることができる。
 初診時とはその病院に初めて受診した時をさす。
 今回の受診が過去の診療と同一病名や同一症状であっても自ずから診療を中止して1ヶ月以上経過した場合は初診となる。
●初診時に特定療養費が発生しないケース
 1 医療機関からの紹介状がある(他医療機関で初診料を支払っている)
 2 緊急の場合(救急車など)による搬入
 3 生活保護法の医療扶助対象である
 4 特定疾病等で公費負担の受給対象である
 5 同一病院の別の診療科で受診している 等

|

« 悪意ある恣意的な表現を見過ごしてよいのか東京編 | トップページ | 愛知万博 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134217/5704495

この記事へのトラックバック一覧です: 悪意ある表現を見過ごしてよいのか東京ねりま編:

« 悪意ある恣意的な表現を見過ごしてよいのか東京編 | トップページ | 愛知万博 »