« 竹島・独島問題 | トップページ | アジアにくすぶる日本への不信 »

2005年3月23日 (水)

悪質サイト&メールの一掃を

少額訴訟制度を悪用した出会い系サイト運営者に対して、「架空請求の訴訟で精神的な苦痛を受けた」として110万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日東京地裁で行なわれ、原告の主張が全面的に認められて40万円の賠償支払いが命じられた。併せて問題となった架空請求の少額訴訟の判決も言い渡され、清水裁判官は運営業者の請求は架空だったと判断し請求を棄却した。
極めて妥当な法的判断である。

ここで問題となっている少額訴訟とは「60万円以下の債権を簡易に回収する目的から原則1回の口頭弁論で判決が出る訴訟制度」である。請求された側が答弁書を出さずにいると、相手の主張を認めたとみなされ、支払いを命じる判決を受けてしまうものだ。悪徳業者はこの制度を悪用し架空請求で少額訴訟を起こし裁判の正式な判決を得るのである。
法務省は「督促手続・少額訴訟手続を悪用した架空請求にご注意ください」と題した文章をHPで掲載して注意を喚起しているが、注意の喚起のみでよいのだろうか。判決が確定した後であっても架空請求事案については判決を無効にするような法改正が必要ではないか。このままでは真面目な人間が馬鹿を見ることになる。

私の携帯にも毎日同様のメールが届く。多い日には10通に達することもある。こうしたメールを発信する目的は架空請求という詐欺行為そのものなのだから、発信した時点で詐欺未遂として摘発逮捕するべきだ。「悪事であろうがばれなきゃやり得」との風潮を一日も早く一掃したい。

|

« 竹島・独島問題 | トップページ | アジアにくすぶる日本への不信 »

社会倫理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪質サイト&メールの一掃を:

« 竹島・独島問題 | トップページ | アジアにくすぶる日本への不信 »